Entries

スポンサーサイト

ラクエル・ウェルチ(1940-)

Raquel Welchラクエル・ウェルチはアメリカ合衆国のシカゴに生まれます。父親はボリビア人のエンジニアで、母親はアイルランド系アメリカ人です。高校生の時にミス・コンテストに優勝して、大学生の時に地元テレビの天気予報のキャスターを勤め、大学を中退してからは、モデルとして数々の雑誌の表紙を飾ります。映画デビューは24歳の時ですが、端役にとどまります。1966年の「ミクロの決死圏」の脳外科医の助手役で注目されて、同...

クラウディア・カルディナーレ(1938-)

Claudia Cardinaleクラウディアは北アフリカのチュニジアに生まれます。父親はイタリア人で、母親はフランス人です。19歳の時に、美人コンテストで優勝して、ヴェネチア映画祭に招待されます。そこで、イタリアのプロデューサーの目に留まって、翌年、イタリアで映画デビューします。1959年、ピエトロ・ジェルミ監督の「刑事」でヒロインを演じ、1960年、ルキノ・ヴィスコンティ監督の「若者のすべて」で、アラン・ドロンと共演、1...

ジェーン・フォンダ(1937-)

Jane Fonda父親は名優ヘンリー・フォンダ、弟は「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ、姪はブリジット・フォンダです。22歳からモデルを始めて、ファッション誌の表紙を飾ります。23歳で映画デビューしますが、父親の影を嫌って、パリへと渡ります。1964年、「危険がいっぱい」で、アラン・ドロンと共演し、アラン・ドロンの紹介で、ロジェ・ヴァディム監督と出会い、恋に落ちます。1965年、ヴァディム監督の勧めで、アメリ...

ブリジット・バルドー(1934-)

Brigitte BardotイニシャルからBB(ベベ)の愛称で親しまれたブリジット・バルドーは1934年、パリの裕福な家庭に生まれます。幼い頃からバレエを習い、16歳の時に、モード雑誌『エル』の表紙を飾ります。これがきっかけとなって女優の道へと進みます。18歳の時、「ビキニの裸女」でデビューして、22歳の時、「素直な悪女」が大ヒットして、全世界のアイドルとなります。男性遍歴も19歳で結婚したロジェ・ヴァディム監督から始まっ...

ソフィア・ローレン(1934-)

Sophia Lorenイタリアが産んだ大女優のソフィア・ローレンは1934年、ローマに生まれます。16歳の時、海の女王コンテストで入賞して、映画界にデビューします。しかし、順調に行ったわけではなく、21歳頃から、ようやく女優として認められるようになります。23歳の時に、アラン・ラッドと共演した「島の女」で、鮮烈な印象を与え、一躍、国際的なスターに躍り出ます。そして、翌年、「月夜の出来事」で、ケーリー・グラントと共演、...

シルヴァ・コシナ(1933-1994)

Sylva Koscinaシルヴァは旧ユーゴスラビアのザグレブ(現クロアチアの首都)に生まれます。戦後、イタリアに移り、22歳の時に映画デビューします。初めは作品に恵まれませんでしたが、翌年、ピエトロ・ジェルミ監督の「鉄道員」で長女のジュリアを演じてスターの仲間入りをします。1968年、ポール・ニューマンと共演した戦争コメディ「脱走大作戦」で、捕虜収容所になった大邸宅の持ち主の未亡人役を演じていますが、美しくて魅力...

キム・ノヴァク(1933-)

Kim Novakモデルとして活躍していたキムは21歳の時、ロサンゼルスでスカウトされて映画デビューします。本名はマリリン・ノヴァクですが、マリリン・モンローがいたので、キムと改名します。22歳の時、「ピクニック」でウィリアム・ホールデンと共演して、スターの仲間入りをします。同じ年に、「黄金の腕」でフランク・シナトラと、「愛情物語」ではタイロン・パワーと共演しています。25歳の時には、ヒッチコック監督のサスペン...

ピア・アンジェリ (1932-1971)

Pier Angeliピア・アンジェリは16歳の時にイタリアで映画デビューします。18歳の時に主演した学園ものの「明日では遅すぎる」で、アイドルスターになります。ハリウッドに渡って、「赤い唇」で、ジーン・ケリーの相手役をこなし、「三つの恋の物語」では、カーク・ダグラスと共演、「銀の盃」では、ポール・ニューマンと共演しています。ポール・ニューマンに紹介されて出会ったのが、ジェームズ・ディーンでした。運命の出会いで...

エリザベス・テイラー (1932-2011)

Elizabeth Taylorエリザベスはロンドンで生まれますが、両親はアメリカ人です。父親は美術商で、母親は女優でした。7歳の時、両親と共にアメリカに移って、母親の希望で子役として映画デビューします。12歳の時に出演した「緑園の天使」で注目され、17歳の時に「若草物語」で三女のエイミーを演じます。「陽のあたる場所」「愛情の花咲く樹」「去年の夏突然に」で、モンゴメリー・クリフトと共演、「ジャイアンツ」で、ジェームズ...

グレイス・ケリー (1929-1982)

Grace Kellyグレイスはアメリカのフィラデルフィアの裕福な家庭に生まれました。父親はアイルランド系の建築家で、母親はモデルをした事もあるドイツ系の美人です。女優になろうと決心したグレイスはハイスクールを卒業した後、ニューヨークの演劇学校に入学します。映画デビューは21歳の時で、その時は端役でしたが、翌年、「真昼の決闘」のヒロインに抜擢されて、ゲーリー・クーパーの若い奥さん役を演じて注目されます。その翌年...

オードリー・ヘプバーン (1929-1993)

Audrey Hepburnオードリーの父はイギリス人で、母はオランダ人、生まれたのはベルギーのブリュッセルです。10歳の時、オランダに移住して、悲惨な戦争を体験します。戦後、ロンドンに移ってバレエを習い、19歳の時、映画デビューします。23歳の時に出演した「初恋」で注目されて、翌年、「ローマの休日」で華々しいハリウッドデビューを飾ります。アン王女を演じたオードリーは世界中を魅了して、アカデミー主演女優賞に輝きます。...

高峰秀子 (1924--2010)

Hideko Takamineデコちゃんと呼ばれて親しまれた高峰秀子は5歳で映画デビューしています。子役として数多くの映画に出演し、1938年、14歳の時に「綴方教室」で主役を演じて、高い評価を得ます。16歳の時に「秀子の応援団長」、17歳の時に「馬」、18歳の時に「秀子の車掌さん」と主演して、人気者になります。戦後になってからは、1950年、26歳の時に、小津安二郎監督の「宗方姉妹」に出演し、1951年、木下恵介監督の「カルメン故...

ドナ・リード (1921-1986)

Donna Reedドナ・リードはフランク・キャプラ監督の名作「素晴しき哉、人生!」のメアリー役で有名な美人女優です。二十歳で映画デビューして、「素晴しき哉、人生!」の時は25歳でした。この映画は公開当時は失敗作と言われて赤字を出しましたが、年を追うごとに再評価されて、アメリカではクリスマスになるとテレビで毎年のように放映されているようです。何度観ても、心温まる素晴しい映画です。それから7年後の1953年、「地上よ...

デボラ・カー (1921-)

Deborah Kerrスコットランドで生まれたデボラは幼い頃からバレエや演劇を学び、19歳の時に映画デビューします。22歳の時に、「老兵は死なず」で三役を見事にこなし、25歳の時に、「黒水仙」で演じた尼僧の演技とその美貌が高く評価されて、ハリウッドに進出します。1950年、29歳の時に「キング・ソロモン」、1952年に「クオ・ヴァディス」、1953年に「ジュリアス・シーザー」と続けて、大作スペクタル史劇のヒロインを演じた後、「...

リタ・ヘイワース (1918-1987)

Rita Hayworthリタ・ヘイワースは第二次大戦中、兵士たちを魅了し、ピンナップガールとして一世を風靡しました。父親はスペイン生まれのダンサー、母親もダンサーで、リタは幼い頃からダンスを仕込まれます。16歳で映画デビューしますが、脇役ばかりでパッとしません。20歳の時に出演した「コンドル」から人気が出始めます。22歳の時に出演した「いちごブロンド」ではジェームス・キャグニーと、「踊る結婚式」ではフレッド・アス...

ジョーン・フォンテイン (1917-2013)

Joan Fontaineジョーン・フォンテインの両親はイギリス人で、東京で生まれました。父親は大学教授、母親は舞台女優です。2歳の時にアメリカに移り、9歳の時に両親が離婚して、父親は日本に行ってしまいます。ジョーンは母親と共にアメリカに残りますが、15歳の時、独りで日本に渡り、日本人女性と再婚した父親のもとで三年間、過ごしています。18歳でアメリカに戻って舞台に出た所をスカウトされて、「男子牽制」で映画デビュー...

ダニエル・ダリュー (1917-)

Danielle Darrieuxダニエル・ダリューはフランスを代表する美人女優です。1917年、フランスのボルドーに生まれ、1931年、14歳で映画デビューします。1935年、18歳の時に、シャルル・ボワイエと共演した「うたかたの恋」で、ダニエルは世界的なスターになりました。1931年から現在に至るまで、出演した映画は80数本もあり、彼女の存在そのものがフランス映画の歴史と言えるでしょう。女優だけでなく、歌手としても活躍しています。 ...

ヴィヴィアン・リー (1913-1967)

Vivien Leighヴィヴィアン・リーといえば、言わずと知れた「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラですが、その翌年に撮影された「哀愁」のヒロイン、マイラを演じたヴィヴィアンも美しく、哀しく、素晴しいです。ヴィヴィアン自身も、一番好きな作品は「哀愁」だったようです。ヴィヴィアンは1913年11月5日、インドのダージリンに生まれます。1920年、6歳の秋、ロンドンに行って寄宿学校に入学、15歳の秋、パリの高校に入学、...

ポーレット・ゴダード (1910-1990)

Paulette Goddardポーレット・ゴダードはチャールズ・チャップリンの三番目の奥さんです。25歳の時、チャップリンの「モダン・タイムズ」でヒロインを演じます。有名なラストシーンで、ポーレットとチャップリンは仲良く手をつないで去って行きます。この時、すでに2人は結婚していました。その後、「独裁者」でもヒロインを演じますが、1942年には離婚してしまいます。1939年に公開された名作の「風と共に去りぬ」のスカーレット...

マレーネ・ディートリッヒ (1901-1992)

Marlene Dietrichグレタ・ガルボと同じ時期に、スクリーン上で美を競っていたのが、マレーネ・ディートリッヒです。年齢はマレーネの方が上ですが、ハリウッドデビューはマレーネの方が遅く、1930年でした。マレーネは20歳の時、ドイツで映画デビューして、25歳の時には歌手としてレコードデビューもします。28歳の時、ドイツで最初のトーキー映画「嘆きの天使」でキャバレーの歌姫、ローラを見事に演じます。退廃的な美しさと歌声...

Appendix

FC2カウンター

ブログ内検索

酔雲の著書













ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

楽天市場


酔雲の美人百景のショッピング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。